● 会員専用
ニュース
■ 平成23年度総会(5月11日開催)のお知らせ
特別講演は、東日本大震災からの日々を記したノンフィクション「河北新報のいちばん長い日」(「明日をあきらめない・・・がれきの中の新聞社」~ドラマ化され今年3月4日テレビ東京にて放映)の舞台となった、株式会社河北新報社の論説委員長、鈴木素雄様(S55/法卒)に、「大震災と新聞」~風化、風評と闘う~をテーマに講演していただきます。

開催期間:2012.05.11

主催者・運営者:事務局:樋口智勇(H2/経済)  お問い合わせ先:higuchi@tmcg.co.jp
(2012.04.20 )
 

【平成23年度総会】

■日時:平成24年5月11日(金)

■場所:立教大学池袋キャンパス 第一食堂

■時間:
・受付開始18:00

・総 会 18:30~19:00
~幹事改選、委員会活動報告及び計画、会計報告及び予算案
等 ~

・講演会 19:00~20:00
『大震災と新聞』~風化、風評と闘う~
講師:河北新報社論説委員長 鈴木 素雄様
昭和55年法学部卒

・懇親会 20:00~21:00
~初参加者自己紹介等~

■会費:4,000円

出欠の登録は、HP会員サイトhttp://sp-sb.net/index.phpからお願いします。
なお、会員専用のID、PASSをお忘れの場合は、事務局/樋口智勇(H2/経済)higuchi@tmcg.co.jpまでご連絡下さい。

会員皆様の奮ってのご参加お待ちしております。


【特別講演について】講師:鈴木素雄様

3・11は、東北に足場を置く新聞社である河北新報の存在意義を問い掛ける災厄でありました。自らが被災者である困難を乗り越え、1日も休刊することなく新聞を発行することができましたが、一方で万を超える犠牲者が出てしまった無力感に打ちひしが
れたのも事実です。
二つの「風」をはらんで、2年目を迎えています。被災地以外では風化が始まり、風評被害だけが一人歩きしています。「東北再生」に向けて、ペンはいま何を訴えるべきなのか。皆さんとご一緒に考えたいと思います。

■講師略歴:1956年 仙台市生まれ。
1980年 立教大学法学部を卒業し、河北新報社入社。
報道部副部長、編集局編集委員、山形総局長、論説委員会副委員長を歴任
2011年4月 論説委員長となる。

■主な著書:『東北ゴミ戦争』(岩波書店、共著)、『みやぎの群像』(河北新報社、共著)など

 

今後の予定
開催中のイベント
過去の一覧
| HOME | 会の概要 | 活動内容 | 委員会活動 | 幹事紹介 | 会員紹介 | 入会案内 | リンク | お問合せ |
Copyright 2005 不動産立教SB会 All Right Reserved.